= WE'RE HERE !=  since 2005


よく国際結婚がどうとか男女の場合とか言うけど、それが男同士の場合、、、僕達のひっそりと静かな、そしてちょっと哀しい穏やかな日々。
by usatoru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
僕らのこと
ブログランキング・にほんブログ村へ

Blogランキング       
Click Please!


くつろぐブログRKG

 ★LINK FREEです★

■文太 @ 日本人
【趣味】--------------
旅人・植物・音楽・自転車・スキューバ・アート全般・犬・クルマ・ドライブ・温泉・料理・陶器・映画・ピアノ・機械分解・建築・海・昼下がり・歴史・東欧・台風・読書・沖縄・BBQ・電車・ホテル・木漏れ日・海鮮・泡盛・栗助

■栗助 @ ヨーロピアン
【趣味】--------------
旅人・語学(7ヶ国語)・音楽・自転車・スキー・ドライブ・ダンス・温泉・甘い物・世界遺産・山歩き・青森・おしゃべり・飛行機・空港・フリーセル・水泳・ホテル・転職サイト・ビーチ・自然・早寝・雪・ワイン・・商店街・きのこ・文太

■ワンコ @ ドイツ犬
【趣味】--------------
スニーカー(特にナイキ)・泥棒・ドライブ・日向ぼっこ・上目遣い・インターホン・もじゃもじゃ・紐・風呂
**2010.5.26 永眠(T.T)

 :-:-:-:-:-:-:-:-:

同居を始めて8年目にしてその後東京-名古屋で遠距離4年、そして只今東京-仙台1年、現在再び同居。現在15周年目。「結婚」とかいう意識より、僕らは生涯を共にするパートナー。互いのいない人生はありえない。
見た目はきっと拍子抜けするくらい、ごくごく普通の2人です。そして一応(自称)常識人。

・・・・・というか、実は多くのゲイって皆さんのまわりにごく「普通」にいて、そしてやはりごくフツーに生きてます。マスコミで見聞きする先入観はせめて捨ててほしいな。

僕らは何も社会的に迷惑もかけてません。でもひっそりと半ば隠れるように生きてます。ちょっと寂しい(笑)。

でも、本当に愛し合える者同士が一緒にいられるということは、本当に素晴らしい。正しい(?)とされる男女の結婚も、その実、愛のない結婚とか、果ては離婚とか、、、それを考えると、僕ら2人は人間としての幸せを確実に感じてる。でもそれが一番大切なこと。

*個人的なメールとか。      kuribun@gmail.com





最新のコメント
大きく育て!
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
首が回らない夜に。
from kaleidoscopeⅠ
国境 業界用語
from きんたの日記
さきの見えない道だけど
from まいにち野菜生活
セントラルパークは、時差..
from Dream Net Cafe
イタリア男は本当にかっこ..
from ROMAのCAFFE'でおし..
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

INTRODUCTION -はじめに-

c0051529_7184472.jpg
BERLINの店先で見つけた、
Quint Buchholz "DIDI UND WILLIE"というお気に入りの1枚。
(クヴィント ブッフホルツ)

               We're HERE !

            こんな風に先の見えない道だけど
           僕らの廻りには何にもないけれど
          きっと2人で手を携えて歩いていけば
           地平線の向こうにある道の先には
  きっと僕らが思いもしなかった幸せな何かがあるようが気がする。

            この2人の初老の紳士のように、
         僕らは一緒に歳を重ねていきたいと思う。

         そして、僕らの目の色 髪の色は違っても
       いずれ時間は僕らの髪を同じ白髪に染めるはず。

      「時間は流れるものじゃない。積み重なるものだ」
           昔どこかで聞いたそんな言葉が
             僕の中でリフレインする。


■■■■ 日々のUp Dateは下記からはじまります ■■■■

心の私書箱(ウソ) → kuribun@gmail.com

Ombra mai fu (♪) 

# by usatoru | 2016-12-31 00:47 | 詩みたいなモノ | Trackback(2) | Comments(126)

可哀想な彼

c0051529_1563850.jpg
僕の友人の女性がフェイスブックで「昨日、家でゴキブリを見てしまい、こうして仕事をしている間にも家の中を歩き回っていることを考えると卒倒しそう!」的な投稿をしておりまて。

オンナの人って単にキャーキャー騒ぐだけじゃなくて、留守中のこととか、寝室に入ってくるんじゃないかとか、僕の考えも及ばない恐怖をもってゴキちゃんを見ているということを初めて知った次第。まあ、ゴキに対しては「強い女」も「弱い男」もいるだろうけど。

では文太生物学博士がいくつかタメになるお話しを。
まずゴキブリホイホイの類の誘引剤は、ゴキの種類や雄雌によって効かないことも多いので、誘引剤の脇に何等かの食物を置くと効果的です。ドレッシング垂らすとか、臭いのする野菜、例えばタマネギのかけらを置くとか。そもそもそういう小さな「獲物」が彼らの餌なので、単に買ったものをポンと置いておけばホイホイひっかかるわけじゃないのです。ゴキちゃんだって買ってきた食べ物よりも、ちょっと手を加えたお料理の方が美味しいのです。←そういう問題か?

あと、毒エサで退治するヤツも売ってますけど、あれは食べて即死するわけじゃなくて、ゴキ的には、夜になって「あれ?今朝何食べたっけ?なんか体の調子悪いんだけど」的な感じのスピード感なので、僕の友人的な発想でゴキを恐れる人に関しては、やはり留守中動き回られること確実。

じゃあどうすれば?って話ですが、やっぱりスプレーでしょうね。種類は僕もよく知らないけど、直積噴射して殺すことを目的とするんじゃなくて(勿論、それでも殺せるけど)、噴射した場所をゴキが通るだけでそのゴキが死んでしまうタイプのもの。逃げ込んだところ、見失ったところは通り道であったり、また戻っていたりすることが多いので、そこに噴射しておけばかなり殺虫効果は高いと思われ。

まあ、ウチは例によってゴキなんか見た日には超音波を出して絶叫する巨大動物がいるので、結構ゴキが出ても「あれまあ・・・」とか言いながら新聞丸めてゆっくり立ち上がるタイプの僕ながら、ゴキ退治には詳しくなってしまったというどうでもいい知恵。。。

ちなみに僕の妹なんかは、ゴキがキライすぎて、見かけたもんなら殺人鬼のような顔で追いかけまわして徹底的に殺すタイプ(怖)。本当に血の繋がった僕の妹なのか、いつかDNA鑑定したいと考える次第。

人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-08-30 15:07 | 日常生活 | Trackback | Comments(0)

晩夏

c0051529_1444236.jpg
なんか台風また来てるとかで、東京は雨の土曜日です。以前、電車の中で聞いた「台風は進路が決まってていいよなぁ」という高校生の会話を思い出し苦笑しつつ、とはいえ大人としては進路を決めて上陸を目論む台風は迷惑以外何者でもありません。って、一応これらにより首都圏の水不足は解消されたようだけど。

今週末は、日比谷公園の盆踊りに行こうか、麻布十番のお祭りに行こうか、高円寺の阿波踊りにまで足を伸ばそうか、と、気持ちはウキウキ小学生だった僕なのですが、なんかこんな天気じゃねえ。勿論浴衣で。明日は早朝から登山の計画もあったけれど、小雨程度なら結構とはいえあまりに山頂付近に霧が出るような天気であればやはりこれも中止せざるを得ないし。ちょっと残念な8月最後の週末です。

ついでに、夏も終わりということか前から目をつけていたサンダルが30%OFF!というWeb広告に釣られて買ったのはいいけれど、今日配達されて履いてみると異様に小さい。ちょっと伸縮性のある編み込みで足の甲を覆うタイプの面白いサンダルなんだけど、海外製だから日本とサイズが「若干違う」って言っても、これは若干の域を超えている。。。まあ返品・交換はできるのだけど、そういう面倒なのが嫌なわけで。まあ、靴や服のネットショッピングでは試着等ができないだけ宿命と言える問題でもあるし、とはいえやっぱりなんか便利だし。ちょっと昔は、ネットで靴やら服を買うなんて!なんて思っていたオジサンも、今や何の抵抗もなくこうしてネットでも靴買ってるわけですから。

夏物のセールもそうだし、セミの鳴き声も盛夏から移ろってツクツクボウシなど晩夏の合唱に変わりつつあります。夜公園などを歩いていても、夜中の蝉がうるさい程に鳴いていたものが、今はその中に植木や草むらから虫の音も聞こえるようになり、夏の背中を追いたくなるいようなそんな季節です。

人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-08-27 14:44 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

安らかに

c0051529_2255988.jpg
ゲイ読者が少ないゲイブログとして有名なココですが、少ないって言っても時々変わったゲイもいて固定読者化してくれてるんですよね。年代も幅広く、学生さんから同年代、あるいは既にシニア入った方から「自分が若いときに貴方のようなブログに出会っていたら」とかそんな感じのメッセージいただいたり。

自分ではアクティブゲイのつもりはないんだけれど、まあ自分のセクシャリティを否定もしていないし、カムアウトこそしていないものの割と正直に素直に生きているとは言えるのかもしれません。一橋の院生が、友人にアウティングされて自殺してしまったことが裁判になっていたけれど、そうした亡くなった彼の心の繊細さや機微のようなものはおそらく多くの人には分からないかもしれないと思いつつも、アウティングという裏切りやショックの大きさはあれど、まだ自分自身を受け入れるには若すぎたというよりは、ちょっと周囲が固すぎたのかもしれないなあ、なんて僕は想像します。法曹界に進もうとしていただけにイメージだけだけど「柔らかな発想」とか、本質的な自由みたいなものが、まだ一生懸命司法試験目指していわゆる勉強一直線で、感性的なものに対する心理的ゆとりがなかったのかも、とかね。

とはいえ、弁護士で同性愛者の友人も実際に知っているし、同性で結婚をしている弁護士カップルもいます。やっぱり彼にはもうちょっと頑張って生きてもらって、そして、ゲイであることは楽ではないけど死ぬほど苦しいことじゃないし、そしてゲイであれストレートであれ何がしか生きていく中では信じられない裏切りやショックというのものにはぶち当たるんだよ、、ということを知ってほしかった。幸いなのは、おそらく本来は少なくないこの手の事件を家族によってある意味「抹殺」されてしまって世に出ないことも多い中で、彼のご家族は、大きな愛情を持って息子がゲイであったということの(ご家族は知らなかったらしいけど)公表を前提とした裁判に持っていったということです。

人間の持つ悲哀やショック、時としての怒りの感情の源泉は、性差には関係なく人間としての「希望や理想」に対する「現実」との差分です。それは努力によって報われるものもあれば、どうあがいても手に入れることのできない運命として与えられた悲哀もあります。

ゲイだけど幸せな家族がほしい。外で手をつないで歩いてみたい、、、これはある意味、家族をどう定義するかとか、ちょっとの勇気を出すことにおいて実現可能。自分の子供がほしい、親に孫の顔を見せたい、そもそも親兄弟や世界中の人に自分たちのカップリングを祝福してほしい、、、、これは男女の結婚と違ってちと難しい。まあ、自分たちなりの落としどころみたいなものも、それぞれ見つけながらみんな生きているわけですが。僕らなんかも、よく2人で飛行機に乗るときなどは、上着やらブランケットを掛けて手をつないでたり手を組んだりしますしね。

じゃあ逆に言うと、どういう背景を持って生まれることが「生きやすい」ことなのかな、なんて考えを巡らしてみると、結局どんな背景であれ人間が感情とか感性を持つ生き物である以上「コレ」と言った最適な背景なんてないわけで。ストレートに生まれれば、あるいは子供がいれば幸せ、なんていう単純なものでもなく。要は、自分がどんな人間であれ、「自分の幸せは自分の心が決める」ってことなんですよね。

人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-08-24 22:06 | 同性愛考・・・ | Trackback | Comments(9)

浴衣散歩

c0051529_14443035.jpg
家から見えないこともないのですが、神宮前と多摩川の花火大会があって、久々に浴衣を着て出かけました。帯の結び方を思い出すためもあったけど、浴衣が嬉しくて昼過ぎから家の中で着て過ごしてるんだけど、なんかこれって、海に行くのが嬉しすぎて浮き輪を家から膨らまして持って行ってしまう子供のように愛くるしい文太。←お前、いくつだよ。

浴衣、今年は新調しちゃったんですよねー。凝ったデザイナー風というか今風柄があまり好きでなくてシンプルな伝統柄や生地の織の面白さみたいなものが好きで、今回買ったのは綿と麻で織った涼し気な紺ベースのもの。和モノはテンション上がります。今年の秋か冬には着物も新調しようかと画策中。

それはそうと、浴衣で食べた家ランチは「昨日の残り物定食」。暑いので冷蔵庫から出しただけの昨日の味噌汁を冷たいまま、ニンニクと豚肉の炒め、昨日焼いたタラコ、それにキムチとか梅干とか、そんな感じ。塩分高いなあ、とか、梅干は夏を乗り切るための滋養のためにとかそんな感じ。

なんか子供の頃を思い出しました。
僕や妹が学校に行っている間、母は家で昨日の残り物や冷蔵庫の中にあるもので簡単に昼食を済ませるというのを聞いて、子供心になんだか母がすごく可哀想で切なくなったのです。もしかして家はすごく貧しいのかと、子供ながらに割とそんな観点も往々にしてあったように思います。

でも、今にして思えば、なんか残り物とかどうでもよくて僕がそうであるようにきっとその時の母も、まったくもってソレでよかったんでしょうね。わざわざ外に出て食事をするのも面倒だし、かといって自分ひとりのために凝った料理を作る気なんてさらさらない。冷えたピザとか、子供のかじりかけの固くなったトーストを食べるわけじゃあるまいし、昨夜のオカズであればちょっと温めればおいしく食べられるし、時間もかからず手軽。「むしろコレでいい」って感じというか。ご飯が進むちょっと塩気のあるものが少し数品あれば、お腹は満足するし十分十分!ってことだったんだ、ということが今ならわかります。

って話は飛びましたが。
天気は不安定ながら無事花火大会決行。やはりいいですね、日本の夏。


人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-08-22 14:46 | 日常生活 | Trackback | Comments(12)

週刊実話

c0051529_23255736.jpg
今、世の中の奥様方がイチバン気になることと言えば、オリンピックのメダルの数でも、SMAP解散の真相でも(どうでもいいやんw)、今晩のオカズは何にしよう?でもなく、「で、その後の文太の詳細はどうなってんのよ!?」ってところであることは世界中の知るところであります。

一言で言えば「腐れ縁」。
結局物理的に一緒に住んでるわけで、喧嘩別れしたわけでもないので「出ていく!!」みたいな衝動的な行動に双方でることもなく、ましては今となって20年近く一緒にいれば、どちらかが荷物まとめて、、と言ったところで、そんな明確に家の中のモノの所有区分がはっきりしてるわけでもないし。まあ、このことだけが理由ではないのですが「決断」というかこのブログの中止発表から1か月もしないうちに自動的に元のさやに収まってしまっております、、、、なんかお騒がせしておいて、まるで何かの痴話喧嘩の結末みたいで申し訳ないようですけど。←喧嘩はしてない。

まあ、予感として、また来年両親が来ると、僕の精神的な部分がどうにも抑えきれなくなるような気がしますが。今回の件はいろいろなことの積み重ねでもあり両親問題だけではないにしても、「話せばわかる」とかそういうシンプルな問題でもなく、ある種僕はそれを許容しつつ、かつ、でも軌道修正させることも試みながらつきあっていかなければならない宿命なのかもしれません。頭ではわかってるんですけどね、やはり人間なんで理屈とか神対応みたいなのは無理なことだってあるわけですよ。

文章にすると、何やら面倒な感じもしますけど、要は「何か解決策を話し合ったわけでもなんでもなく、自然に元に戻っちゃった」って話です。読者さんにすれば、ちゃぶ台ひっくり返して「心配して損したわ、カネ返せ!」という話ですよね。きちんと返金しますので、口座番号教えてください。てか、お金はもらってませんけど?

こんな僕らをお許しください。許してくれますか?
真夏に暑苦しい話、顛末ですみません、、、

人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-08-19 23:26 | 僕らのこと | Trackback | Comments(56)

ご無沙汰しました

c0051529_1230121.jpg
この夏は珍しく国内小旅行。那須方面、塩原温泉に両親と甥っ子を連れて行ってきました。なんか、この間行ったモンゴル、仕事&休日も含めて行ったのですが、結構食べ物が合わなくて自動的に?空腹を感じなくなってしまい約10日くらいいたけれど3キロ痩せて帰ってきました。もともとラムやヤギなどの肉や乳製品は得意ではないのですが、日本のもの以上に臭いがきつく、かつ肉質がかなり硬い。ラム系をさけて牛などを基本食べていましたが、これも味付けは塩茹でとか甘辛いタレなどですごく硬い。基本、モンゴル料理がどういういうより、そもそも食べ物があまりおいしくない国、ということが言えそうです。(外国人主観でモンゴル人には申し訳ないけど)。パンとかもぱさぱさなのでサンドイッチもおいしくないし、基本生野菜はあまりないし、水に当たる人も少なくないというし。世界各地から来ていてた仕事関係の人達もちょっと食事に困ってました(笑)

と、まあ、それはさておき、この写真のように塩原の渓谷はまさに別天地。

c0051529_12371755.jpg
この渓流沿いに温泉があり、昼間なので僕ら家族の貸し切りでした。塩原の温泉は無色透明でお湯が柔らかく湯量も豊富。僕らが止まった宿も、露天風呂付の部屋だったのだけどその風呂さえも絶えず24時間源泉かけ流しのお湯が豊富に「かけ流し」状態というぜいたくさ。深い渓流の周囲の緑と、水の青さ、波の白、渓流の流れる音に鳥やセミの声を聴きながら一家でのんびり過ごす夏の時間。

c0051529_1241042.jpg
渓流沿いに湧き出ている温泉を利用して、公衆浴場的な無料露天風呂も点在します。結構対岸から丸見えだったりとかするものの、そんなの気にするならどこかの温泉施設に行けばいい話ですw。着替え用の目隠し用の木製の壁が心ばかりにあるだけながら、目線に渓流を眺めながらの湯あみは最高。ここはちょっと熱くて深かったので、連れて行った小学生の甥にはちょっと無理。両親も入らず僕だけ堪能。

c0051529_12435917.jpg
こんな風にコポコポ湧いてるんですよ。どこからか持ってくるというよりも、その場で湧き出たお湯に入るって、意外に源泉かけ流しを謳う温泉は多くても、なかなかなかったりします。箱根の姥子温泉にまさにその場で湧き出た温泉に入れる日帰り温泉施設がありますね。←かなり好き。

c0051529_12465050.jpg
帰りがけに高原らしい白樺の林を抜けて、盛りは過ぎたんだろうけどまだまだきれいなユリの花を眺めながら。

c0051529_12475045.jpg
様々な種類のユリを眺めながら。ここって冬はスキー場のところをゲレンデのリフトを使って上に行くんだけど、そういうイントロも子供とかシニアな両親には楽しかったようで。

「小さな子供連れ」ということで、プランニングの段階で基本子供優先になり、何かと僕の場合は大人目線での価値観や個人の趣味に走りがちだけど、今回はちょっとした「子持ち」の疑似体験で、大変ながらちょっと楽しかった。甥っ子も、夏休みで初の親元を離れておじいちゃん、おばあちゃん(そしてオジサンw)と過ごすという触れ込みの今回だったけれど、まったくホームシックにもならず元気いっぱい。子供が元気にはしゃぎまわり、そしてわがままを言ったり拗ねたり騒いだり、、、毎日だとまた別の世界とは知りつつも僕はちょっと父親になったような気がして、そういう意味では「子連れ旅」というこの行程そのものが新鮮。食べ物だって、子供優先で、本当は「蕎麦をミョウガたっぷりでさっぱり食べたい!」と思っても、どこか子供も食べそうなもののあるドライブインでスパゲティ―やら子供向けメニューのある店に入ったりとか。普段はあり得ない選択(笑)

夏は楽しい。


人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-08-17 12:58 | Trackback | Comments(6)

念のため

c0051529_0282658.jpg
それにしても、相変わらずお気楽に平原にいってラクダと戯れたり、草原の夏をゆっくり過ごしたりしてお気楽よね~、という声が聞こえてきそうですが。ブログとかフェイスブックの類って、受け手の方がその情報だけがその人の全てに見えてしまうから、ある種の誤解も生じやすいということが言えます(笑)。僕のフェイスブックなんて、主に出張や旅行などの「旅先」みたいな内容や、出張先でちょっとだけ立ち寄って入った温泉なんかがアップされているため、「こいつはいつも旅行ばかりしてるな」みたいな見え方になるわけですw 今回は、この相撲でモンゴルを訪れました。この土俵の写真もモンゴルの写真です。

c0051529_033932.jpg
国際相撲連盟が主催するアマチュアの世界大会があって、その関係者として絶賛お仕事の文太さん。こうして土俵の横でのんきに写メなんか撮ってるわけですが、世界各国から集まった力士たちの熱い戦いは、正直相撲はあまり詳しくにないけれど、今回は本当に一生分の相撲を見たというくらい、かなりの取組を見ることになりました。

c0051529_0351884.jpg
やっぱり日本チームを応援してしまいます。国ごとでの対戦の度に、東か西に選手団が土俵入りするのですが、その際に背後から応援の念を込めてパシャッと。国技だけに、日本はそれだけでもプレッシャーがあるだろうなあ、と。僕の目には競合は、日本も含めて、モンゴル、ロシア、ウクライナという印象。

c0051529_037397.jpg
日本からも白鵬をはじめ、大相撲から力士たちがやってきていて、現地では凱旋フィーバー。モンゴルの相撲人気はスタジアムが連日満席になるほど。白鵬も心なしか顔も穏やかで嬉しそう。

c0051529_0391212.jpg
こんな風に壇上でも白鵬は主賓扱いのような。アマチュアの大会だけに、選手たちにとっても白鵬の姿は憧れであり眩しいはず。

c0051529_0424139.jpg
やはり日本人力士が壇上で日の丸を掲げられるのは、見ていて嬉しい。オリンピックもでも少しでも多くの日本人選手の活躍を期待してしまいますね。

人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-08-05 00:43 | つぶやき | Trackback | Comments(4)

モンゴル平原

c0051529_19294742.jpg
一見、グリーンランドやアイスランドあたりの小さな村の風景にも見えるかわらいさしさ。遊牧民の暮らすゲルも、草原にいかずともウランバートル市内にも少なくない。

c0051529_19152114.jpg
太陽が地平線から上がり、地平線に沈む。今19時だけど太陽の高さとしては日本の感覚では15時くらい。夜は22時過ぎてやっと訪れる。

c0051529_19164684.jpg
平原を馬で駆け巡る遊牧民。僕がチャーターした車を背後から颯爽と追い越していく姿がカッコいい。遠くにラクダ(笑)

c0051529_19182822.jpg
ってことで、ラクダをアップ。乗せてくれたので初めて乗ってみたけど、あのコブってなんか不思議な柔らかさでぐにゃぐにゃ動く。かなりの高さになるけれど、爽快でしかも乗り心地がいいw

c0051529_19201043.jpg
不思議な奇和岩や山並みが続くエリア。ここが地球であることを忘れる(?)

ウランバートルから郊外に出ればすぐ一面の平原で、そもそも空港自体が平原の中にある感じ。この日は1日英語通訳兼ドライバーをやとって1日車をチャーターし、100Kmくらい離れたエリアを巡りました。埃っぽい都会を抜けると涼やかな平原。というか、やはりちゃんと暑い。とはいえ、日本のような湿気はないのでカラリとした暑さ。日陰は入ればとても涼しい(はーと)って、木陰がないんですけどw アップしたい写真は山ほどあるけれど、一応ここまで(笑)

人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-08-02 19:25 | | Trackback | Comments(3)

Flight to....

c0051529_17362689.jpg
長引いた夏風邪がなんとか去ったと思われた翌日に関東地方は梅雨明け宣言。と同時に僕は機上の人へ。最近は飛行機に乗っても機内食激写をすることもなかったので、久々にと思ったものの全日空だったので新鮮味がなかったとの満席だったことから撮影はちとはばかられ。白ワインでちょっといいのが入っていたので、食事よりもそれがうれしかったかも。和食をチョイス。

c0051529_1737152.jpg
今回はいったん北京を経由しました。接続が悪くて、空港内のラウンジで長々と暇つぶし。あんまりいい感じのラウンジでもなかったのでソファに座ってウトウトとか。あちこちに液晶画面があってずっと延々といろいろなシリーズの抗日ドラマのようなものをやっていて辟易。言葉はわからなくても雰囲気と字面でわかるというか。なんかさあ、隣国同士って一般に仲が悪いみたいな話はあったとしても、感情だけならまだしも政府が隣国に対してネガティブな教育や洗脳をするのは本当に愚かだと思う。ここで生まれた憎しみや偏見が一体どんな明るい未来を生み出すというんだろう。。。

c0051529_1737319.jpg
はい、見えてきました。今回はこの町を訪れています。夏本番ながら乾いた空気に輝く太陽、緑まぶしくサラリとしたさわやかさ。僕がここを訪れたのは、おおよそ30年ぶりくらいです(笑)

人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-07-31 17:51 | | Trackback | Comments(3)