= WE'RE HERE !=  since 2005


よく国際結婚がどうとか男女の場合とか言うけど、それが男同士の場合、、、僕達のひっそりと静かな、そしてちょっと哀しい穏やかな日々。
by usatoru
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
僕らのこと
ブログランキング・にほんブログ村へ

Blogランキング       
Click Please!


くつろぐブログRKG

 ★LINK FREEです★

■文太 @ 日本人
【趣味】--------------
旅人・植物・音楽・自転車・スキューバ・アート全般・犬・クルマ・ドライブ・温泉・料理・陶器・映画・ピアノ・機械分解・建築・海・昼下がり・歴史・東欧・台風・読書・沖縄・BBQ・電車・ホテル・木漏れ日・海鮮・泡盛・栗助

■栗助 @ ヨーロピアン
【趣味】--------------
旅人・語学(7ヶ国語)・音楽・自転車・スキー・ドライブ・ダンス・温泉・甘い物・世界遺産・山歩き・青森・おしゃべり・飛行機・空港・フリーセル・水泳・ホテル・転職サイト・ビーチ・自然・早寝・雪・ワイン・・商店街・きのこ・文太

■ワンコ @ ドイツ犬
【趣味】--------------
スニーカー(特にナイキ)・泥棒・ドライブ・日向ぼっこ・上目遣い・インターホン・もじゃもじゃ・紐・風呂
**2010.5.26 永眠(T.T)

 :-:-:-:-:-:-:-:-:

同居を始めて8年目にしてその後東京-名古屋で遠距離4年、そして只今東京-仙台1年、現在再び同居。現在15周年目。「結婚」とかいう意識より、僕らは生涯を共にするパートナー。互いのいない人生はありえない。
見た目はきっと拍子抜けするくらい、ごくごく普通の2人です。そして一応(自称)常識人。

・・・・・というか、実は多くのゲイって皆さんのまわりにごく「普通」にいて、そしてやはりごくフツーに生きてます。マスコミで見聞きする先入観はせめて捨ててほしいな。

僕らは何も社会的に迷惑もかけてません。でもひっそりと半ば隠れるように生きてます。ちょっと寂しい(笑)。

でも、本当に愛し合える者同士が一緒にいられるということは、本当に素晴らしい。正しい(?)とされる男女の結婚も、その実、愛のない結婚とか、果ては離婚とか、、、それを考えると、僕ら2人は人間としての幸せを確実に感じてる。でもそれが一番大切なこと。

*個人的なメールとか。      kuribun@gmail.com





最新のコメント
大きく育て!
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
首が回らない夜に。
from kaleidoscopeⅠ
国境 業界用語
from きんたの日記
さきの見えない道だけど
from まいにち野菜生活
セントラルパークは、時差..
from Dream Net Cafe
イタリア男は本当にかっこ..
from ROMAのCAFFE'でおし..
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

INTRODUCTION -はじめに-

c0051529_7184472.jpg
BERLINの店先で見つけた、
Quint Buchholz "DIDI UND WILLIE"というお気に入りの1枚。
(クヴィント ブッフホルツ)

               We're HERE !

            こんな風に先の見えない道だけど
           僕らの廻りには何にもないけれど
          きっと2人で手を携えて歩いていけば
           地平線の向こうにある道の先には
  きっと僕らが思いもしなかった幸せな何かがあるようが気がする。

            この2人の初老の紳士のように、
         僕らは一緒に歳を重ねていきたいと思う。

         そして、僕らの目の色 髪の色は違っても
       いずれ時間は僕らの髪を同じ白髪に染めるはず。

      「時間は流れるものじゃない。積み重なるものだ」
           昔どこかで聞いたそんな言葉が
             僕の中でリフレインする。


■■■■ 日々のUp Dateは下記からはじまります ■■■■

心の私書箱(ウソ) → kuribun@gmail.com

Ombra mai fu (♪) 

# by usatoru | 2016-12-31 00:47 | 詩みたいなモノ | Trackback(2) | Comments(126)

エンドロール

c0051529_12155920.jpg
このブログも11年続きました。
何でも「続けること」っていろんな意味で大変です。
でも、ここはそんなに大変じゃなかった(笑)

ブログはともかく、人と人との関係も
風任せというわけにはいきません。
やはりお互いにいろんな努力あって初めて成立する。

栗助と僕の物語は終わることになりました。
僕が選んだ決断です。
ひっそりながら2人で泣いたり笑ったりしながら生きていく、
そんな時間が本当はこれからも長く続くはずでした。
今でも続くような気がしてしまう。

ちょっと疲れてしまいました。
僕なりに頑張ってもみたけれど、
心が折れてしまいました。

皆さんには大切な人、いますか?
その人の笑顔、その人の幸せな姿を思い浮かべるだけで、
自分まで嬉しくなってしまうようなそんな人のことです。
その人のこと、大切にしてあげてくださいね。
陳腐な言葉だけど、
広い世界にたった一人だけのその人と
一緒に笑える時間が、末永く続きますように。

このブログの冒頭の画像「DIDI UND WILLIE」
こんな風に、歳を重ねて1本の道を手をつないで歩く相手。
僕はこの絵が本当に大好きです。

また、いつかどこかで
皆さんとお会いできますように。

人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-06-18 12:17 | 僕らのこと | Trackback | Comments(82)

どんなときも

c0051529_23342172.jpg
どんなときも、どんなときも、
僕が僕らしくあるために
「好きなものは好き!」と
言える気持ち抱きしめてたい
どんなときもどんなときも
迷い探し続ける日々が
答えになること僕は知ってるから

なんか今日はこの槙原敬之の「どんなときも」のこのフレーズが頭の中でリフレイン。特に彼のファンってわけではないけど、でもやっぱり公言は確かしていないけど世間では知られている彼がゲイであるということや、彼の詩はどこかゲイとしてのまっすぐな気持ちであったり、ある種の悲哀みたいなものも含まれているような気がして、時々胸を打つのです。まあ、彼、いつぞや薬で捕まったりもしてましたけどね。

彼の詩は「君」とか「僕」という言葉を使って、「あなた」といったような言葉は使わず同性同士でも男女間でも使えるような人称を使うから余計、ゲイも自分たちを重ね合わせやすい部分があるのかと思います。

画像は拾い画像で無断転載してしまってますが、、、この間の引き続き、日本人同士のカップル(結婚式)。なんかすごく普通な感じで微笑ましい。こういう光景が珍しくない時代が少しづつ近づいてきてるんでしょう(笑) 

人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-06-17 23:36 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

トド兄ちゃん

c0051529_1385359.jpg
なんかもう全く厄年でもなんでもないはずなのに、ここのところ災難続き。ある意味で有難いことではあるのだけれど、本来僕の領域ではない仕事がどんどん入り、一応領域外とはいえ一応こなせるのでそれはまあいいとして、それが「数日後」とか「1週間後」とか、いきなりぶち込まれる感じの。会社とは別に個人で請け負っていることなので、本来調整はできるんだけど、先方でもう決めてしまっていて話が来るもんだからこちらも断れない(T.T) 
他の仕事上の案件もなかなか進まず、妙なとことでダメだしをされていたりとか、なかなかこうシャキッとクリアなことが身辺にないこの頃。なんか、本当に世の中って理不尽なこと多いなあ。あ、そういえば、別途書いていた論文は審査通らず戻ってきたなあ、、、最悪(汗)

とはいえ、いきなり差し込まれる仕事とかは物理的なことだけど、一方で僕の仕事の取り組み方とか論理的思考みたいな点にもちょっと問題があるというか、ちょっとした自覚があるんです。なんか集中できないというか、自分の本領を発揮できていないというか。まあ、長く読んでくれている方はなんとなくわかっていると思うけど、もともと精神的にはセンシティブな方なんですが、でも決して躁鬱のような波にまではならない。だけど、今の状態って、もしかして「男の更年期障害でわ??」なんてちょっと疑ってます。自己診断。

といっても、変にON-OFFはしっかりしてるんだよなあ。外に行けば元気にヒトと会い、話をし、食事をする。でも一人になると「はぁ。。。。。」みたいな。まあ、そういうのって別に普通のことですかね、大人にとって。気持ち的な余裕とか、様々な不安がそうさせるのかもしれないですけどね。

もう最近の僕の楽しみは「とと姉ちゃん」だけ。休日は起きていてもベッドから出てこないでだらだらしているトド兄ちゃんになりつつあります。

人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-06-15 13:09 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)

団らんの数

c0051529_14455966.jpg
たくさんのメールをいただき恐縮です。とはいえ、まあ大事には至らないかと(笑)。結局はヒトとヒトとの関係性も様々な波であったり、外的要因による変化であったり、「自分は変わっていない」と思っていても、やっぱり変化した側面もあったり。様々なそうした要因を許容や受容できるか否かが一番夫婦であったりカップルが問われるところなんでしょうね。

それにしても、変に客観的だけど人間っていくつになっても思春期だなあと(笑)。僕がセンシティブすぎるんですかね?まあ、個人差みたいなのもあるんでしょうけど、別に肩ひじ張って生きていたつもりはないけれど、僕の人生の価値は、まあ例えて言うなら「誰かと食べる食事の数」みたいな感覚?もっと言えば団らんの数です。

ゲイだからこそ、本来の親子のような形での家族の形への渇望とか憧れはあるけれど、まあそれはさておき、やはり団らんというのはシアワセの究極の形だと思います。朝と晩、家族で(僕らは2人だけど)一緒に食事をすれば1か月に60回のシアワセがあります。夜だけだとしても30回。ただ、困ったことに団らんというのはそこに語らいがなければなりません。ただ顔を突き合わせてテレビを見ながら黙って食べてるとか、そういうのはダメ。そして、もっと重要なのはそこに愛があることです。冷え切った夫婦と子供が囲む食卓は残念ながらそれは団らんにはならない。意外に団らんって、簡単なようで難しい。「普通であることの難しさ」の典型的な例の1つかもしれません。

忙しい現代人、そして昔より個人主義の風潮の中で家族が顔を合わせて同じ時間に食事をするというのは、かなり難しいことなのかもしれません。昔はよかったという回顧主義でも、昔を善とする主張ではないのですが、昔と比べれば今の親は子供にとって絶対的な存在や、敬語を使うような関係よりもむしろ友人関係に近い。親の子供に対する接した方も違えば、子供のメンタリティも違ってきて当然で、そんな中「食事は家族で!」と号令を掛けられる環境がある家庭は今は稀有かもしれません。

僕の子供の頃は、夜7時頃には家族全員で夕食を食べました。居間にテレビがあって、キッチンのとなりには「食堂」と呼んでいたダイニングが別室である造りだったんですが、そこで皆でテーブルを囲むのです。もちろん、そこにはテレビはありません。子供としてもそれまで見ていたテレビを途中で中断しなければならないし、親は本当は7時からのNHKニュースとか見たかったはずだけど、それでも団らんを大切にした家庭でした。「今となっては」ですが、そのことや、その時の記憶は僕にとっては本当に懐かしい子供の頃の家族の風景の1コマで、そこで交わされた様々な家族の会話はきっと僕自身のいろんな感性を育ててくれたと思っています。

まあ、僕らは2人しかいない家族だからこそ、そういうものを大切にできればと思っています。
画像は拾い画。日本人×ラオス人のカップルさん(^.^)

人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-06-12 14:53 | つぶやき | Trackback | Comments(2)

正直な話

c0051529_1553455.jpg
まあいつものことと言えばそれまでなんですが、この春から何やらかなり忙しくなってきて、結構仕事もプロジェクトに深く関わるようになったこともあって休日も心休まらないようなそんな気忙しさ。今日は久々に遅くに起きて、散歩がてらにクリーニング屋に行き、途中の公園で木陰に腰を落としてスマホいじってました。うーん、この「スマホいじってる」というのが我ながらイヤなんだけど、まいっかw

栗助は上海出張とか。この3か月の義父母の来日は勿論仕事でもう「すれ違い」もいいとこです。どうでもいい芸能ニュースで誰々がすれ違いで離婚した、なんていう安っぽいニュースを「わかるわ~」とか思いながら眺めてます。

やっぱりすれ違いはダメですね。とはいえ、まあ性別は関係ないだろうけど特に男同士となると物理的なすれ違いは自分の力だけではどうにもコントロールできない部分もあって、時を待つか状況が変わるのを待つしかないというか。本質的に極度の寂しがり人間の僕としては、こういうことに人生の時間をロスすることは、かなり大問題です。現状は、何かイベントがないと時間を共有することがなくなってるみたいなところがあります。

それでいて、きれいごとではなくて「やっぱそういうもんなんだな」と思うのは、誰かの歌ではないけれど「会えない時間が愛深める」みたいなのって、それってなくはないけど一般的にはやっぱ難しいよね、っていう結論。まあ僕らも4年近い遠距離はあったけど、深まったか?といったらそういう進化的な側面はなかったと思うし、まあ頑張って乗り越えましたくらいの感じ。そして、今の状態はやっぱり深まっていくみたいな感覚はなくて、キライになるわけでは勿論ないけれど、そういう寂しさを埋めることを栗助には求めなくなっていく、もっと言ってしまうと心は離れていきます。それに、毎年に加えて今年の両親の来日は、僕にとっては決定的に僕の気持ちを崩壊させたように思います。結構決定的だったな。

僕はゲイであっても、やはりゲイなりの「家庭のあたたかさ」とか「小さな幸せ」というのは毎日の生活の中に求めているというか、渇望している人間だと思っています。贅沢なことだけど、でも望んでいることは贅沢ではないというか。変な例えだけど、小さなアパートで2人でひっそりと暮らしているような、でも毎晩ご飯は一緒に食べて「おかえり」と「ただいま」があればなんかそれだけで幸せです。(って、今はそれがないってことでw)

人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-06-11 15:53 | 僕らのこと | Trackback | Comments(10)

いい加減に、舛添さんw

c0051529_1482127.png
つぶやき的時事ネタですが、東京都民として、あるいは東京都民じゃなくてもほとんどの人が舛添知事に関しては「はあ!?」って思っていることと思います。

厚顔無恥っていうんですかね。そもそもインタビューなどでの不遜な受け答えは表情を含めて普段からそこに彼の「人間味」が出ていたように思うものの、まあ政治家によくある権力に胡坐をかく人間なんだろうな、くらいに思っていましたが。

議会答弁などでの「多くの皆さんにご心配をおかけし・・・」とかって、そもそも1ミリも心配なんかしてないしw。「弁護士に厳しく精査・・・」とかって、そもそも適法か否かってこと以前に、「こりゃあやっちゃいかんよね」っていう感覚とか覚えがそもそも自分自身にないのかいっ!って感じだし。違法でなければ何やってもいいってわけじゃないのは、子供だってわかることです。経営上の勘定項目が何かとか、私用か公用かなんてのは1つの考え方にしかすぎない。変な例えだけど公共の乗り物の中で座っていたお年寄りに「おばあさん、私は都知事様だから席を譲りなさい」と言ったとすれば、それだってアウトですよ。全く違法じゃないけど。バカバカしくて、法律にもなってないってだけの話w。

今日のニュースだと、湯河原の別荘を手放すとかいう「けじめ」を大発表したらしけど、「なにそれ?」って思うのは僕だけですかね。不動産が現金化されるだけの話でしょ。その売却したカネを、例えば韓国人学校建設に寄付するとか、ケジメを示すならはその金の使い方にあるのでは?(注:韓国人学校建設は、都内に待機児童が溢れている中で、舛添氏の決断で東京都が韓国政府からの依頼で韓国人学校の移転地として都内一等地を提供する、等々報道され、ニュースになった件)だって、不動産を現金化したところで、「円をドルに替えました」ってだけの話にも似ていて、一体何を考えているのやら。

そもそも、適法違法の問題じゃなくて、多くのヒトが呆れ、信頼が全くない。辞めるべきでしょう。そもそも、あの状況で人前に立ったり議会やら対外的に東京の顔としてまだまだ動ける(動こう)という、神経の太さはちょっと人間離れしているように思うわけで。

人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-06-07 14:08 | つぶやき | Trackback | Comments(6)

のんびり

c0051529_19292917.jpg
栗パパママ、数日前に帰りました。フェイスブックによると(笑)、香港経由で帰ったみたいで楽し気に香港の写真をアップしてますw

結局まだ桜の蕾も固かった頃にやってきて3か月。毎週末のように温泉、ドライブ、山だ海だ、と子供以上に遊ばせて、あるいは誰かと遊ばせるようにセッティングして。何の断りもなく勝手に家に人を読んでホームパーティーまがいのことされたり、なんか僕としてはやっぱりイヤですよね、そういうの。心が狭い?と思いつつ、やっぱり常識外れだし、僕だったら人に家に居候していて遠慮してやらないか、あるいはせめてお伺いをたてててからって感じだと思うわけで。そもそもそういうのってヒトん家でやらずに自分の家でやるからホームパーティーでしょー。

今年は僕が家に一緒にいなかったからあまり実感がないんでしょうけど、心身ともにかなり僕にもストレスをかけているとも思っていないと思われ、「ありがとう」とか「ごめんなさいね」の一言もなく帰っていきました。

まあ、書いている文面からして棘のあるイヤな感じな僕であることは自覚していますが、正直呆れているし、まあこういう人達なんだろうな、と。ある意味自分だったら、とか自分の親だったら、と比較してしまう自分がいるんですよね。

というわけで、なんだかんだで長年の付き合いではありますが、彼らの今回の来日は、いよいよいろんなものを物理的にも(部屋はもう別世界)、そして僕の心も崩壊させて帰っていきました。努力するにも、こちらももういい大人ですからね、大人同士の付き合いができないヒト、自己中心的で人の気持ちに寄り添えないヒトは悪意があるとかないとか関係なく、僕はムリに付き合う気持ちになれないってことですね。

後味の悪い内容でスミマセン。
どこかに吐き出さずにはいられず、ここしかなくて~。

人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-06-05 12:29 | | Trackback | Comments(5)

ジムトレ

c0051529_23113446.jpg
本邦初公開、文太トレーニング風景。顔は18禁レベルなのでモザイクw いい汗かくと、夜の睡眠の質がいいのです。

ここのところ、休日の「昼寝」にハマってます。昼下がりの2時間くらい?
実は昼寝って昔からキライで、無意識のうたた寝以外、意思を持って昼寝をしたのはこのトシにして初めてかも。なんか目覚めたときの軽い気だるさと、昼寝をするとすぐ夕方・夜になってしまうあの感覚が嫌で。

とはいえ、この間ふいに「そうだ!京都に行こう!」ってノリで、「そうだ!昼寝をしよう!」って感じで、してみたところ、かなり気持ちよくて。疲れていたせいか、すっと眠って、起きたらたいたい2時間。夕方だったけど。こんなにしっかり眠れるんだ、という小さな驚きと、そして、ちょっと体が軽くなったような感覚に驚きました。

よく、言いますよね、昼下がりとか、仕事中でも20分くらい仮眠とるだけでもかなりその後の効率が高まるとか。「いやいやスペイン人じゃあるまいし、シエスタなんてアッシには必要ねえぜすぜ」ってな感じの江戸っ子的ノリで生きてきたこれまでを反省した次第。

最近は、小説なんかもよく読むようになって、学生時代を思い出します。難しい経営書とか実務書のようなものばかりしかめっつらで読んでも、そりゃ楽しくないですよね。リフレッシュ、大切です。



人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-05-28 23:19 | 日常生活 | Trackback | Comments(6)

週末だけど

c0051529_13111070.jpg
いやあ、とにかく梅雨入り前のいい天気に恵まれたこの土日。 僕は不運にも月曜日に大きな仕事があってその準備もあって、ほぼ家に籠ってパソコン仕事をしていました。(というか、現在進行形)

家の前の桜並木もすっかり新緑に覆われて、冬の間は反対側の家々が見えていたのに今窓から見えるのは桜の緑だけ。それはそれでヨシなんだけど。(ちなみに、義父母は来週末に帰国するとか、、、、って2月末に来て3か月!←あまりの非常識に半ば怒り)

仕事がホントに忙しくなってきて、結構長期に渡って縛られる系のものなのでなかなか落ち着く暇がありません。出張に行かなければならなくても、まずそのための時間がとれないという悪循環。いずれにしても今日は佳境。深夜まで頑張ります~

人気ブログランキングへ

# by usatoru | 2016-05-22 13:11 | 日常生活 | Trackback | Comments(2)